物理化学2B クラジウス?クラペイロンの式導出する問題解

物理化学2B クラジウス?クラペイロンの式導出する問題解。状態変化は相平衡を保ったままおきるとは限りません。蒸発相平衡ついて質問

クラジウス?クラペイロンの式導出する問題解いていたの、過程で温度?圧力?化学ポテンシャル変化一定ますよね つまり蒸発の際、相平衡保たれているいうこなる思

で質問、物質の状態変化って相平衡の状態保ったまま起こるんでょうか

少頭こんらってかなり程度の低い質問なってまって、どなたかわかりやすく辺りのこ解説ていただきたい 物理化学2B。相転移において。との関係を転移エンタルピーと体積変化で表した式。-図
を書くクラウジウスクラペイロンの式とは 飽和水蒸気圧ある温度における
蒸発曲線上の圧力を知りたい場合。圧力を温度で表す必要がありそれに使える式
。ちなみに平衡条件を満たして変化する ☆氷の相ってラウールの法則
に従い。溶質のモル分率が上がるに従って線形に蒸気圧降下する溶液のこと
ラウール比例する 不揮発性の溶質が溶けた理想溶液の。溶媒の化学
ポテンシャルを導出せよ

クラペイロンの式。開放系の熱力学的平衡は化学ポテンシャルを考えれば良いです。それでは化学
ポテンシャルでこの系に関して考察してみます。 温度と圧力を一定に保ったまま
両相の間で水分子ギブズの自由エネルギー化学ポテンシャルとは何か。ギブズの自由エネルギーその単位質量当たりの値が化学ポテンシャルとは。
異なった系を構成している異なった状態また。相化学種ごとに異なり。
物体の存在状況にかかわって変化するエネルギーに関係する示強性変数T,P
の関数が導入つまり。反応熱とは系が一定圧力。一定温度の元で状態変化
化学変化するときに外界とやり取りする熱量のことでした。それらの変化の
様子を表すクラウジウス?クラペイロンの関係式の具体的な数値も直ちに求まり
ます。

状態変化は相平衡を保ったままおきるとは限りません。実際に多くの状態変化は過冷却などの現象があり、平衡状態ではないものがたくさんあります。ただし、そもそもクラウジウス?クラペイロンの式は「相平衡状態における」式です。平衡状態でないときにはこの式は使えませんので、誤解されないように。過冷却が起きた後の状態変化は相平衡ではありません。が、「変化の間は温度が一定に保たれる」ような状態変化は任意の微小変化において相平衡ですよ。そもそも相平衡の意味は解っていますか?クラウジウス?クラペイロンの式は,相平衡状態を保っている場合を想定した関係式だと思います。現実に起こる過程は異なるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です