平成29年度 給与勧告国公法第28条国家公務員の給与水準

平成29年度 給与勧告国公法第28条国家公務員の給与水準。そもそも消費税による税収は私たち一般国民の生活のためになどほとんど使われてこなかった。消費税増税正当性てないよね
公務員の給与、民間平均ろか、
民間高給クラスの上場企業平均超える

★人事院勧告,2016年度、国家公務員年収672万6千円、年齢43 6歳(時間外手当含まないで)
時間外手当含めれば744万超

/////////////////////////////////////////////////////////////

一方、民間、

★大企業のみ、2015年、上場企業数=3552社
平均給料、596万780円、(時間外手当含む)

★国税庁給与実態調査
平成28、全平均422万、(正規のみ 487万円、非正規 172万円)

?????
公務員給料、法律

★法律:
給与勧告(国公法第28条)国家公務員の給与水準民間の合わせるこ(民間準拠)

アベノミクス失敗の後始末預金封鎖カネ 第3章。国公法第条は。国家公務員の給与について。国会により社会一般の情勢に適応
するよう に随時変更するスパイレス方式を行い。公務員と民間企業従業員
の給与水準を均衡させること民間準拠 第 章 職員の末手当。勤勉
手当の年間支給月数を合わせることを基本に勧告を行っている。 平成年の
報告

平成29年度。国公法第条は。国家公務員の給与について。国会により社会一般の情勢に適応
するように随時変更することができるとしており。人事院に給与勧告では。
国家公務員の給与水準を民間企業従業員の給与水準と均衡させること民間準拠
を基本としている。を精確に把握し。これに公務員の特別給期末手当及び
勤勉手当の年間支給月数を合わせることを基本に勧告を行っている図-

そもそも消費税による税収は私たち一般国民の生活のためになどほとんど使われてこなかった。消費税を導入した1989年度から2014年度までの消費税収と、1989年度を基準として翌年以降の法人税減税について見る。消費税の累計282兆円に対して、法人税減税は累計255兆円。実に消費税収の9割が法人税の減税に充てられてきた。消費税収のほとんどは法人税減税に充てられています。これ以外にも大企業には『租税特別措置による政策減税』などの税制優遇があり、実効税率は世界的に見てもかなり低くなっています。その結果、大企業は近年、史上空前の利益を出していますが、経済の活性化にはまったく寄与していません。このデフレ不況下で設備投資を積極的にするわけもないからです。収益のほとんどは株の配当金、役員報酬、そして内部留保に回っているのが事実です。デフレ状況下において、消費に税をかけるなんてナンセンスです。適度なインフレになるまでは、国債による財政支出をすれば良いのであって、消費増税によって財源を確保するなんて、デフレ経済下では逆効果です。ますます景気は冷え込み、経済は縮小します。是非とも読んで下さい!消費税10%は野田民主党内閣のときに決まったことです。安倍自民党内閣では2回延期しています。この件に関して安倍内閣に対しての文句はどうかと。

Category: お笑い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です