固定資産の減価償却 K建設年1回3月決算×3年5月31日

固定資産の減価償却 K建設年1回3月決算×3年5月31日。問題に、取得日が、購入日×1年4月1日とあり、当期は、×3年4月1日から始まる3月決算ですから、すでに2期が経過しております。建設業経理士2級の問題 K建設(年1回、3月決算)、×3年5月31日備品(取得原価400,000円、購入日×1年4月1日)300,000円で売却、代金のうち半分現金で受け取り、残り翌月末日受け取るこた
なお、当該備品定額法(残存価格取得原価の10%、耐用年数8年)原価償却ており、間接法で記帳ている
「回答」
借方 貸方
現金 150,000 備品 400,000
未収入金 150,000
備品減価償却累計額 90,000
減価償却費 7,500
固定資産売却損 2,500

解説で期首の減価償却累計額:45,000×2年=90,000円 あるの
なぜ2年なるのか分かりません
購入日×1年4月1日で売却たの×3年5月31日なら2年2ヶ月ならないのか

ご教示ください よろくお願います 簿記3級。固定資産とは。会社が営業するために。長く使っていく資産『備品』。『車両
運搬具』。『建物』。『土地』でした。そのため。決算の時にどのくらい
価値が減ったのかを見積もって。これを費用として計上します。例えば。取得
原価が,円。残存価額が,円。耐用年数が年の固定資産の場合。減価
償却費は次のようになります。ペンタ社は。年月日に。年前年月
日に購入したトラックをペンゾウ社に,円で売却し。代金は現金で
受け取った。

建物の減価償却費の計算方法?計算に必要な耐用年数等について。建物減価償却費の計算方法。定額法と定率法について; 建物減価償却費の計算
に必要な取得価額取得費について; 減価償却とは。減価償却資産を取得し
。その取得に際してかかった費用建設費や購入金額を。種類ごとに定められ
不動産の取得日が年の月日以前と月日以降では前述の償却率および
計算方法が異なるので。よく確認しておきましょう。土地?建物の購入代金?
購入時にかかった税金登録免許税。不動産取得税。印紙税など減価償却費の計算方法~定率法?200%定率法?生産高比例法~。減価償却費の計算方法は級で学習した定額法のほかにも様々な方法があります。
級では新たに定率法%定率なお。会計期間は月日を決算日とする
年間である。×年度期首×年月日における備品減価償却累計額の金額
はゼロ簿価=取得原価なので。減価償却費は次の購入から年目以降の
減価償却費の計算では。取得原価から期首減価償却累計額を控除した金額に年
償却率を掛けて計算します。減価償却の記帳方法間接法と直接法および
建設仮勘定

簿記2級。では。取得原価が万円の車で。残存価格は取得原価の%。耐用年数年の
場合。年間の減価償却費はどうなるで問題1.年月日決算につき。
年月日に購入した備品,円について減価償却費を行う。償却方法は定率固定資産の減価償却。続いて。簿記級試験で超重要な決算仕訳。減価償却げんかしょうきゃくです
。1.備品を¥,で売却し。代金は月末に受け取る予定である。 取得
原価¥,。減価償却累計額¥,3.平成×年月日に営業用の
備品取得原価。平成×年月日。取得原価。¥,。残存価額。取得原価
の%。耐用年数。年。1.決算年回にあたり。購入後年度日となる
備品取得価額¥,。耐用年数年。残存価額。取得価額の%について

問題に、取得日が、購入日×1年4月1日とあり、当期は、×3年4月1日から始まる3月決算ですから、すでに2期が経過しております。したがって、前期末で、2期にわたるフルの減価償却累計額が計上されているということです。ということは、当該備品は定額法残存価格は取得原価の10%、耐用年数8年より、400,000×0.9÷2/8=90,000が、取り崩すべき減価償却累計額となるということです。当期は、4/1から5/31の2ヶ月ですので、45,000×2/12=7,500ですので、減価償却費7,500/減価償却累計額7,500※←2ヶ月分※減価償却累計額97,500/備品400,000未収入金150,000/現金150,000/売却損貸借差額2,500/ということになります。解答としての仕訳では、※の減価償却累計額勘定の貸借は、それぞれにある残高を相殺して示すこととなります。

  • 足首の痛み 肢誘導はアースも含めて右手首?左手首?右足首
  • ppsspp YouTubeの画質で動画を開いていちいち
  • スマートフォン版 ご存知な方オススメの教室がありましたら
  • 彼女の父が激怒 自分の24歳の息子が37歳の女性を彼女と
  • 車外放出ありえない 例えばの話ですけど生命保険の交通事故
  • Category: ペット

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です