イラン情勢はこう着か 現状の安保法で米国イラン戦争状態突

イラン情勢はこう着か 現状の安保法で米国イラン戦争状態突。昔の社会党のようなアホな質問にみんな呆れ果てて回答してくれないようですね。実態作って9条死文化憲法改正へ https://lite ra com/2019/07/post 4841 html
安倍政権参院選後手のひら返 ひた隠てきた“ホルムズ海峡への自衛隊派兵”事実上決定

やっぱり“急加速”させてきた 中東ホルムズ海峡めぐる“自衛隊のイラン派兵”のこだ 参院選投開票翌日の22日、来日中のボルトン米大統領補佐官、官邸の谷内正太郎?国家安全保障局長、岩屋毅防衛相、河野太郎外相相次いで会談 日本の「有志連合」参加ついて具体的話合われた見られている

米国イランの緊張の高まり背景、トランプ米大統領ホルムズ海峡の「航行の自由確保」名目て、軍事的な「有志連合」の結成各国呼びかけた つまり、米国中心た多国籍軍入って軍事行動協力ろ、日本迫られている

ころ、安倍政権姑息、“自衛隊の海外派遣”参院選の争点ならないよう、間、有志連合参加の件徹底てぐらかてきた

菅義偉官房長官12日の記者会見で、米国有志連合参加の打診あったかついて「イラン情勢ついて日米間でさまざまなやりりている、内容控えたい」ごまかた 、岩屋毅防衛相16日の会見で「現段階でホルムズ海峡へ自衛隊派遣するこ考えていない」コメント 西村康稔官房副長官、17日の会見で有志連合ついて聞かれ「米国じめ関係国連携つつ、中東おける緊張緩和情勢の安定化向けて外交努力継続たい」述べるどめていた

だ、すで選挙期間中“日本の有志連合参加”既定路線なっていたみて間違いないだろう 実際、12日米国務省のスティルウェル次官補谷内正太郎?国家安全保障局長や外務省、防衛省幹部ら会談 政府内容ついて公ていない、、すで水面下の実務的なレベルで協議されていたこ他ならない ようする、安倍政権参院選影響与えないよう、間、国民ひた隠てきた

まま日本有志連合へ参加するこなれば、物資運輸等の後方支援や救護活動程度ですまされないだろう 米国安倍政権、自衛隊直接、ホルムズ海峡派遣、集団的自衛権の行使いう展開っていこうするの確実

安倍首相2015年安保法制強行する際、「ホルムズ海峡おける機雷掃海」集団的自衛権行使よる海外派兵の代表例て、度喧伝てきたこだ ついて多くの反論出て、結果的国会審議の終盤、事例て撤回する追い込まれたのだ、そそ安保法制自体米国の要請よるの

事実、安保法制多大な影響与えた2012年の「第3次アーミテージ?ナイ リポート」で〈イランホルムズ海峡封鎖するほのめかたら、自衛隊掃海艇派遣すべきだ〉されている つまり、“ホルムズ海峡への自衛隊派兵よる米国船防衛”、米国の長年の要望であった

か、トランプ大統領っ強硬で、「日米安保の不公平さ」公言、日本政府へのプレッシャー強めている 6月24日Twitterで、ホルムズ海峡のタンカーついて〈中国91%、日本62%、ほかの国同じようなのだ、海峡原油運んでいる なぜ、われわれアメリカらの国のため航路無償で(年わたって)守っているのか そうた国々みな、危険な旅ている自国の船自国で守るべきだ〉(編集部訳)投稿

安保法制の拡大解釈で不可能な“ホルムズ海峡での集団的自衛権行使”可能

ホルムズ海峡で外国船、りわけ米国船攻撃された場合や、らかの軍事衝突発展た場合、トランプ日本の自衛隊手足て使いたい考えているこ、疑う余地ないだろう そて、の関係考えれば、安倍首相要求応える可能性非常高い

現状の安保法で、米国イラン戦争状態突入、ホルムズ海峡封鎖でタンカーの渡航不可能なれば、日本のエネルギー供給断たれたこ理由て、政府「武力行使の新3要件」の「存立危機事態」認定、集団的自衛権行使するいうシナリオ可能

トランプ米政府今回、求めているの、以前、すなわち戦争未満の状況での自衛隊よる米艦護衛武力行使

で安倍首相、集団的自衛権認められる「存立危機事態」至らないケースで“拡大解釈”よって自衛隊米艦船の護衛させ、途中で武力行使持っていく方法検討

「ホルムズ海峡自衛隊派遣する方法ついて
一つ『重要影響事態』て派遣する」(防衛省担当記者)

重要事態の場合、目的後方支援限られている、途中で緊迫た事態なった際、存立危機事態切り替えて武力行使参加する計画らい

自衛隊海外派兵の既成事実で9条空文化、な崩改憲持ち込む可能性
転載(抜粋)イラン。ロンドン=中島裕介。イスタンブール=木寺もも子イランの革命防衛隊は日。
ホルムズ海峡で英石油タンカーを拿捕だほしたと発表した。国際的な航行
規則に従わなかったためとしている。英政府も自国のタンカー隻

日本は?なぜホルムズ海峡で標的になったのか。ただ。アメリカ政府による経済制裁強化に反発するイランは。かねて「必要が
あればホルムズ海峡を封鎖する」と警告しており。一連の攻撃は。イランや
その関連組織の犯行だとすれば。アメリカがイランへの圧力を強めている限り。
今後もタンカーへの攻撃が続く可能性がある。人的被害や原油の大量流出。船舶
の沈没といった事態になれば。軍事衝突の危険は一気に高まりかねない。日経
平均株価は月に万円を超えた後。米国での長期金利上昇を受け調整。ホルムズ海峡と有志連合。年月。米国は各国に対し。ホルムズ海峡等における船舶の安全航行の確保
を図ることを目的とした共同報道にもあるように。いわゆる「有志連合
」への参加を募るものであり。日本が参加する可能性も
指摘イラク戦争は。その国際法上の実施根拠に対する疑義から。現実政治
においてもアカデミックな場においても。多くの批判をそして。米国がイラン
産原油の全面禁輸を開始した年月以降。原油タンカーなどの商船が攻撃を
受けるという

イラン情勢はこう着か。今年月と月には。ホルムズ海峡の出口付近で何者かがタンカーを攻撃し。
その後。米国の無人偵察機日本エネルギー経済研究所 石油情報センター
ただ。米国に武力行使の口実を与えることを怖れてか。意外なほど低姿勢で対応
している。~年のイラン?イラク戦争でも。米国はイラクに軍事支援
を行い。イランの首都テヘランにはいまも「打倒米国」現状では。
イラン政府が目に見える形で。ホルムズ海峡を封鎖することは考えにくい。アメリカ有志連合「日本不参加」の選択肢がありえない。米国がホルムズ海峡などの海上警備に「有志連合」を結成する方向で動いている
。話が進めば。日本はホルムズ海峡に自衛隊を派遣するのだろうか。私は「米国
に求められれば。積極的に参加すべきだ」と考える。

昔の社会党のようなアホな質問にみんな呆れ果てて回答してくれないようですね。実態を作って9条死文化し憲法改正へ。これって朝鮮戦争のときにすでに行なわれていますね。再軍備を行なったし掃海艇部隊を派兵して戦死者もだした。日本は欠陥品の憲法をずっと放置しそれを解釈を変えて死文とすることでずっと乗り切ってきた。ホルムズ海峡への自衛隊派兵しないでどうやって日本のタンカーを守るのだろうか?アメリカや他国に守ってもらう?日本人が危険な目にあったり死ぬのは駄目だからアメリカ人や他国人が代わりに死んでください?第一次世界大戦に日露戦争でさんざん支援して貰ったのに陸軍を欧州に送らずに日英同盟を破綻させ英国に日本に対する敵意さえ与えた過去から何も学んでいない。

  • 引越し後の住民税 現在都内に住んでいて月末に福岡県に引越
  • 2x+y=a yを消去してやることはわかるのですが計算が
  • N進数の小数 4進数の1031を10進数に直す過程も含め
  • “うさぎ”キャラといえば 伊藤美来さん担当のアニメ?ゲー
  • ユニシティ ヤフオクで出品をしている知り合いがコロナの影
  • Category:

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です